スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内最古級の土偶発見=1万3000年前―滋賀・相谷熊原遺跡(時事通信)

 滋賀県文化財保護協会は29日、同県東近江市の相谷熊原遺跡で、竪穴建物跡から縄文時代草創期(約1万3000年前)の土偶1点を発見したと発表した。三重県で1996年に出土した土偶とほぼ同時期の国内最古級とみられ、同協会は「当時の人々の精神文化を考える上で貴重な資料だ」としている。
 同協会によると、土偶は高さ3.1センチ、重さ14.6グラムで、ほぼ完全な形で見つかった。乳房と腰部のくびれを明瞭(めいりょう)に表現。底が平らで立たせるように仕上げられており、これまでに出土した縄文時代草創期や早期の土偶には見られない特徴だという。 

【関連ニュース】
【Off Time】長崎・壱岐の旅 絢爛刺繍と海の王都
【Off Time】マチュピチュの旅
【Off Time】アンコールワットの旅 探検家気分で遺跡めぐり
〔写真特集〕驚くべき自然 人類の英知 世界遺産
〔写真特集〕ビーチ&レイクサイドフォト

示談を考慮、裁判員裁判控訴審で初の1審破棄(読売新聞)
郵政法案めぐり対立激化=28日に採決の構え―与党(時事通信)
感染判定は「今週がめど」=優良種牛5頭の口蹄疫検査―赤松農水相(時事通信)
シャープ、一時金4.5カ月回答へ=定昇維持
<海水温>16年間で0.1度上昇 温暖化の進行裏付けか(毎日新聞)
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。