スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

維新力浩司

維新力 浩司 (いしんりき こうじ、1961年1月24日 - )は、東京都杉並区出身で大鳴戸部屋所属の元大相撲力士、現在はプロレスラー。大相撲時代は、身長175cm、体重81kg。最高位は西十両筆頭(1989年11月場所)。本名は飯橋 浩司。当初の四股名は若高鉄。経歴小学校・中学校時代を通じて相撲の経験は地域の祭りの大会に出場する程度であったが、格闘技が大好きであったため親方を尊敬していたという理由で大鳴戸部屋を選んで入門した(初土俵は1976年3月場所)。維新軍の長州力を四股名に取った。相撲取りにあるまじき腹筋の浮いた体格と端正な顔立ち、当初からプロレス入りを予感されつつも元気溢れる勇敢な取り組みで十両ながら屈指の人気を博した。愛称は平成の牛若丸。1989年11月場所で西十両筆頭まで昇進したものの、体重が80kgそこそこの小兵であったため幕内までは届かなかった。1990年7月場所に東十両11枚目で2勝13敗と大幅に負け越し、幕下転落が確実となったため、この場所限りで廃業した。十両での通算成績は141勝159敗(20場所)。廃業後は直にプロレスに転向し、SWS、NOW、WARを経て引退、後に復帰し現在はフリーとしてIWA・JAPAN、WAPアジアンプロレスなどを戦場として活躍。2006年以降、維新力主催プロモーション『どすこいプロレス』、『RIKIマニア』の開催もしている。 得意技は、スピードと跳躍力とスタミナを生かした空中殺法。 1994年には「どりんくばぁー『維新力の店』」を吉祥寺にオープンした。妻はジュリアナ詩子こと元女子プロレスラーの穂積詩子、実兄は元国際プロレスのリングアナウンサーだった飯橋一敏。2007年10月20日、テレビ朝日系討論番組「朝まで生テレビ! 激論“国技大相撲”に未来はあるか?」にパネリストとして出演した。ちなみに彼は、時津風部屋力士暴行死事件ではVTRや電話などの形で度々ワイドショーに出演していて、自らも「かわいがり」と称した兄弟子からの暴行を受けたことを明らかにしている。また、八百長問題に関しては「オレが相撲界にいたときにはそんなものはなかった」と一貫して否定している。著作『みんなまとめてゴッツァン』 ブックマン社 1991年1月 ISBN 4893081551『大相撲ズバリ!ここだけの話』 講談社 1993年5月 ISBN 40620

山口安次郎氏死去(西陣織の最高齢織師)(時事通信)
【from Editor】「さようなら」の潔さ(産経新聞)
<雑記帳>紅白ガニ「めでたい」と水族館の人気者に(毎日新聞)
「おっぱいどうですか」警察官に客引き容疑で男逮捕(産経新聞)
歩道に乗り上げ、男女3人死亡=運転手ら逃走、ひき逃げで捜査-名古屋(時事通信)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。